外貨定期預金

商品説明

取扱い通貨 米ドル、ユーロ
お預入金額 1千通貨以上
種類 満期日指定型・・・自動継続なし、満期日に自動解約
自動継続型・・・・・元利継続、元金継続・利息外貨受取、元金継続・利息円貨受取
お預入期間 満期日指定型・・・1日から1年以内
自動継続型・・・・・1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年の4種類
金利 お預入期間によって異なります。店頭またはこちらからご確認ください。
利息の扱い 自動継続型定期預金での満期日の取扱い方法は元利継続と元金継続のいずれかを選択できます。
元利継続 元利金を一括して、前回と同一期間の外貨定期預金に自動的に継続します。
元金継続 利息は預入時に指定していただいたお申込店のご本人名義の口座(円貨受取の場合は普通預金、当座預金/外貨受取の場合は外貨普通預金)に入金します。なお、定期預金契約期間中はご指定口座の解約はできません。
ご新規・ご解約 新規…全店(大分市役所出張所、代理店を除く。ただしローンプラザ支店は相談業務のみ)
解約…ご新規申込店
満期日前解約 取扱いいたしません。
外国為替
先物予約
為替変動リスク回避のため、外国為替先物予約をご利用いただけます。
お預入時に解約元利金入金口座をご指定いただくことで満期日にご指定口座に自動的に入金されます。
なお、一度外国為替先物予約をご利用になると、取消しはできませんのでご注意ください。また、外国為替先物予約をご利用いただいた場合、自動継続でのお取り扱いはできません。
外国為替先物予約 外貨定期預金の満期日の為替相場を預入期間中に決定し、満期日時点でのお受取円価額を事前に確定させる取引のことです。

※ 取扱い時間は、原則として米ドル建の場合は午前10時から午後3時まで、その他の通貨建の場合は午前11時から午後3時までです。

外貨預金についてのご注意

  • 1. 元本割れが生じるリスクがあります。

    外貨預金は外貨を所有することになるため、為替変動リスクを負うことになります。従って、為替相場の動向によりお引出円貨額がお預入円貨額を下回ることがあります。

  • 2. お預入とお引出には、手数料がかかります。

    円でのお預入・お引出は、それぞれ当日の当行公示相場のTTSレート・TTBレートを適用しますので、為替相場の変動が全くない場合でも、TTSレートとTTBレートの差(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1豪ドルあたり4円)がご負担となります。

    通貨の種類 預入時(1通貨あたり) 払戻時(1通貨あたり)
    米ドル 1円 1円
    ユーロ 1円50銭 1円50銭
    TTSとは TTMとは TTBとは
    当行公示相場は、TV、ラジオや新聞で報道されている銀行間市場で取引されるレートとは異なります。為替相場動向次第では、公示相場が適用されない場合がございますのでご了承ください。
  • 3. 外貨定期預金は中途解約できません。

  • 4. 外貨預金は預金保険の対象外です。

  • 5. 外貨預金は通帳方式または、
      ステートメント(取引明細票)方式での取扱いとなります。

    • (1) 通帳は窓口でのご利用のみでATMでのご利用はできません。
    • (2) ステートメント方式では毎月初に前月のお取引明細を郵送させていただきます。
  • 6. 満期日指定型外貨定期預金は満期日に自動解約となります。

    • 満期日指定型定期預金はお預入時にお申込店のご本人名義の解約元利金入金口座をご指定いただくことで、満期日にはご指定口座(円貨でお受取の場合は普通預金または当座預金、外貨の場合は外貨普通預金)に自動的に入金されます。
    • 自動継続型外貨定期預金につきましては、ご継続後の新しい預金金利は自動継続日のお預入期間に応じた当行が店頭で公示する金利を適用します。
  • 7. お利息は「利子所得」となり為替差益は「雑所得」として課税されます。

    為替差益は、雑所得として確定申告による総合課税となります。
    (ただし、年収2000万円以下の給与所得者で、この差益を含めて給与以外の所得が年間20万円以下であれば申告は不要です。)

外貨預金のリスクについてのまとめ

外貨預金のリスクについてのまとめの図

お預入・お引出方法と外国為替相場・手数料

次の方法がご利用いただけます。

日本円現金での
お引出
外貨預金→円貨現金 為替相場はTTBを適用します。
円貨預金からの
お預入
円貨預金→外貨預金 為替相場はTTSを適用します。
定額自動振替サービス
からのお預入
円貨預金→外貨預金 為替相場はご指定振替日のTTSを適用します。
円貨預金へのお預入 外貨預金→円貨預金 為替相場はTTBを適用します。
外貨現金による
お預入・お引出
外貨現金→外貨預金
外貨預金→外貨現金
次の手数料を申し受けます。
お預入 1米ドルあたり3円
1ユーロあたり4円
お引出 1米ドルあたり2円80銭
1ユーロあたり4円
外国送金お受取資金
によるお預入
外国送金→外貨預金 次の手数料がかかります。
外貨額面×1/20%×TTS(最低金額1,500円)
お引出資金
による外国送金
外貨預金→外国送金 次の手数料がかかります。
外貨額面×1/20%×TTS(最低金額1,500円)
+外国送金関係の手数料
  • ※新規の場合、日本円現金からのお預入はできません。
  • ※お預入・お引出の方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の合計額や計算方法をあらかじめ明示することはできません。

お申し込み前のチェックポイント

外貨預金とは、どのような商品ですか?
外貨預金とは、日本円を米ドルなどの外国通貨に交換するなどして、外貨でお預け入れいただく預金です。 お利息も外貨でお支払いします。外貨預金の金利は、その通貨の金利動向に応じて決定されますので、通貨によっては、円預金の金利よりも高い通貨、また低い通貨があります。
外貨預金を預入れる前に、何をすればよいのですか?
お客さまのご要望などをうかがい、商品をご案内させていただきます。商品の内容を十分にご理解いただけるよう、ご説明させていただきます。
お客さまのご要望・ご意見などをお聞かせください。
お客さまのご要望、投資のご経験や知識、財産の状況、投資目的などをうかがい、お客さまにふさわしい商品をご案内させていただきますので、担当者までご相談ください。
「契約締結前交付書面」などをよくお読みいただき、内容をご理解ください。
「契約締結前交付書面」は、商品の仕組みや特徴を記載した書面です。
事前にご理解いただきたい重要な情報が記載されています。
お預入される前に必ず「契約締結前交付書面」をお渡ししておりますので、お受取になられましたら、よくお読みいただき、商品内容・リスクを十分にご理解いただいたうえで、お預入のお手続を行ってください。
「契約締結前交付書面」は店頭にご用意しております。

(平成28年5月1日現在)

※大分銀行の行員が通帳・証書または現金などをお預りする場合は、大分銀行所定の「仮受領証」を発行いたしますので必ずお受取ください。