キャリア採用

大分創生

当行では、高度化・多様化する金融業務に対応するため、豊富な専門知識を有する人財を募集しています。

キャリア採用募集要項

募集業務
銀行業務全般
(法人営業・個人営業・保険・証券・市場営業・国際・債権管理等)
応募資格
大卒以上の金融機関実務経験者、または大卒以上の一般企業での実務経験者
待遇
個別に、これまでのキャリア・実務等を勘案して決定する。
勤務地
当行本支店・本部
勤務時間
8:30 ~ 17:30
休日・休暇
完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年次有給休暇、連続休暇、バースデー休暇他

応募方法

応募方法
下記の書類をご郵送下さい。
  1. エントリーシート
  2. 職務経歴書
◇送付先
〒870-0021
大分市府内町3-4-1 大分銀行人財開発部 中途採用担当 宛
TEL 097-538-7608
選考方法
  1. 書類選考(通過者に別途面接の日程をお知らせいたします。)
  2. 面接等(募集部門および人財開発部による面接を行います。)
  3. 内定(内定前に健康診断を受診していただきます。)

キャリア採用入行者座談会

多数のキャリア採用入行者が在籍しておりますが、こちらの4名で座談会を開催しました。

当行に応募したきっかけ

山村

大分は地元であり、子育ての環境としてもいい場所だし、新しい事をしたいと思った時に最適だと感じました。自身の経験を活かせる金融関係の仕事に就き、お客さまのお役に立ちたいと思い応募しました。

近藤

私は前職が全国転勤の会社だったので、大分から離れた土地で勤務していました。家庭の事情もあり、30歳になる時期に地元への転職を考え、前職での経験を少しでも活かせる場所で働きたいと思い当行を志願しました。

蒲原

女性の方には多いと思いますが、主人の転勤がきっかけの一つです。大分に再度戻ってくるタイミングで、証券会社時代に知り合った当行の方からお声掛けいただいたこともあり、当行で働いてみたいと思い応募しました。

佐藤

30歳を迎え、先の人生を考えた時に、帰郷して大分で働きたいと考えるようになりました。自分がひとりっ子ということで両親の将来も心配でしたし、それなら自分の経験が活かせる場所で再出発したいと考え、当行を志願しました。ホームページを見た時に「ふるさと大分のために自分の経験を活かせる」という言葉に感銘を受け、自分もそうなりたいと思いました。

入行後に感じたギャップ

近藤

地銀には、地域の企業に親身になって対応し、地域経済を支えているという良いイメージがありま

した。実際に入行後に感じたことは、私たちはお客さまのために地域密着化戦略に取り組んでおり、その理念と実際の行動がかけ離れてはいないということ。お客さまとの距離の近さや、より懐に入っていけるだけの知識やソリューションの多様性も感じました。お客さまの悩みを継続的に聞き、それを解決するというこの地銀ならではの動きは想像以上の強みだと思います。

佐藤

銀行は規程や手順書が膨大かつ複雑でとても大変だと言われますが、比較的文章が簡潔で読みやすく、理解しやすいと感じました。

これから当行でしたいこと

佐藤

お客さまから一番に相談してもらえる銀行員でありたいと思います。それにはお客さまの懐にどれだけ入っていけるかが重要だと思います。

山村

お客さまの求めるサービスやニーズの多様化を実感しているので、そのためにも「個」が強くなければならないと考えています。自己啓発やスキルアップに取り組んでいきたいです。

蒲原

世の中もお客さまもグローバル化が加速しています。「個」も強くなければならないですし、会社も対応できるようにスピードと多様性を持たなければならない。当行がお客さまから唯一無二と思われる銀行になれるよう自分も努力していきたいです。

近藤

お客さまのお役に立つためには、知識を増やし、悩みを相談していただけるという人間性の部分を強化していく必要があると思います。お客さまはもちろん、地域に役立てる行員を目指していきたいです。

県外にいたから分かった!「大分の魅力」と「当行の強み」

山村

大分は人の温かさを感じますし、とても住みやすい場所です。前の会社はあまり大きな所ではなかったので、リーディングカンパニーと中堅どころの差は大きいと感じています。 当行の信用力は、大分の人にとって絶大なものだと思いますし、それは先輩方が築き上げてきた宝物だと思います。

近藤

大分は地域の観光資源が豊かな土地。観光振興によりさらに地域経済を活性化させていけるのでは?と感じています。大分は病院も多いですし、老後を暮していくうえでも、戻ってきて定住するにはとても良い環境だと思います。

佐藤

温泉が近くにあるのはいいですよね。海や山など豊かな自然や観光資源に恵まれています。

蒲原

入湯料も良心的ですよね。食べ物も安くておいしいですし、とにかく住みやすい。都会から来る人か

らすると天国だと思います(笑)。公園なども多く子育てしやすい環境だし、仕事と家庭の両立もしやすいと思います。そして当行の強みといえば、やはり「お客さまからの信頼」ですね。大分銀行という名刺一つで話を聞いてくれますから。それが当行の今まで築き上げてきた歴史であり、強みだと思います。

U・Iターンを検討している方へ

山村

大分県は人も温かくて住みやすい所が一番の魅力ですね。特に今は、都市圏にこだわって仕事をする時代でもなくなってきていると感じます。Uターンの方は大分に戻ってきていただきたいですし、Iターンの方も大分のために一緒に汗を流しませんか!?

佐藤

自分の生まれた場所で仕事ができる喜びがとても大きいです。転職後の不安もあると思いますが、大分の温かさと時間が解決してくれます。大分のために頑張ってくれる人が1人でも増えたらと思います。

近藤

大分に魅力を感じてUIターンを検討している方も多いと思うのですが、当行はその魅力を大分の中でさらに伸ばす、あるいは日本や世界に発信していく非常に大きな仕事ができるところだと思いますので、ぜひ面接、または情報を仕入れに来て下さればと思います。私も初めは不安でしたが、分からないことは聞けばきちんとサポートしてくれます。サポート体制が整っていた事も入行して良かったと思う点でした。

蒲原

私からはIターンの皆さまへ。転職する時には、不安や期待など、いろんな気持ちを持っていると思うのですが、「意外と飛び込んでしまえば何とかなる!」というのが、今私が感じていることです。異業種からの転職でしたが、今の仕事は興味深く、やりがいも感じています。私は大分に縁もゆかりもありませんが、それでも楽しく仕事と家庭を両立させていただいています。皆さま自身のために、大分銀行のために、大分県のために、一緒に働けることを心待ちにしています。