投資信託基礎知識

投資信託とは

投資信託は、お客さまから集めた資金をひとつにまとめ、運用の専門家である投信会社が複数の株式や債券などに分散投資し、その成果を投資額に応じお客さまに分配するしくみの商品です。

  • 投資信託のしくみ

    お客さま(受益者)、投信会社(委託者)、信託銀行(受託者)の三者により構成された、契約型投資信託を表わしたものです。

    当行は販売会社として、投資信託の購入・換金や分配金・償還金の支払事務および投資信託に関するご相談の受付などを通じて、お客さま(受益者)と証券市場等を結ぶ役割を担っています。

  • 投資信託の特徴

    1専門家が運用

    複数の株式や債券などに投資するには、多額の資金と専門的な知識が必要になります。投資信託は、運用の専門家が投資先を選定しますので、バランスのよい分散投資ができます。

    2資産を分散して運用

    複数の株式や債券などの金融商品に資金を振り分けて運用することで、リスクのかたよりを防ぎ、収益性を追求します。

    3運用の実績によってリターンが変化

    投資信託は、一般的に預金よりも高いリターンが期待できますが、預金等と異なり運用の実績に応じて、そのリターンが変化します。従って、運用実績が高ければ高いリターンを受取ることができますが、実績が振るわない場合には、元本割れとなることもあります。

    4タイプが選べる

    投資信託には、運用対象の違いによって、さまざまなタイプの商品があります。お客さまのニーズに応じて、お好みの商品をお選びいただけます。