大分銀行ビジネスダイレクト

よくあるご質問

  • サービス内容

    • 「照会・振込振替サービス」で利用できるサービスは何ですか?
      • 「振込振替」「残高照会」「入出金明細照会」「振込入金明細照会」をご利用いただけます。
    • 「データ受付サービス」で利用できるサービスは何ですか?
      • 「総合振込」「給与・賞与振込」「地方税納付」「口座振替」「代金回収」サービスをご利用いただけます。
    • 誰でも利用できますか?
      • ・ 当行本支店に普通預金または当座預金の口座をお持ちで「大分銀行ビジネスダイレクト」をお申込みいただいた法人(個人事業主を含みます)のお客さま。 ・ インターネット経由の電子メールが受信できるメールアドレスをお持ちのお客さま。
    • 利用可能時間は何時から何時ですか?
      • サービスごとにご利用時間が異なります。
        ・ 「サービスのメニューとご利用時間」の一覧がございますのでこちらをご覧ください。
    • セキュリティが心配なのですが?
      • お客さまに安心してお取引いただけるよう、各種セキュリティ対策を実施しています。
        詳しくはこちらをご覧ください。
    • 専用ソフトウェア及びインストールが必要ですか?
      • 専用ソフトウェアは不要です。また、インストール等面倒な作業も必要ありません。ただし、インターネットに接続するためのソフト、モデム、電話回線等の通信機器についてはお客さまにてご用意ください。
    • 携帯電話・スマートフォン・タブレットでも利用できますか?
      • ご利用いただけません。
    • ISDNでも利用できますか?
      • インターネットに接続できれば、接続回線の種類[アナログ回線、デジタル回線(ISDN)]に限らずご利用可能です。
    • 大分銀行に預金口座を持っていないのですが…
      • 当行の本支店で預金口座を開設していただいた後にお申込みください。お客さまのご来店を心よりお待ちしております。
    • 海外でも利用できますか。
      • 日本国内のみのサービスです。
    • 口座が複数あるのですが申込めますか?
      • お申込みいただけます。ご本人名義でしたら別の支店でも、フルサービスのお客さまは最大100口座まで、ライトサービス・スタンダードサービスのお客さまは最大10口座までお申込みいただけます。
    • 複数名で利用することはできますか?
      • フルサービスのお客さまは、最大100名まで、ライトサービス、スタンダードサービスのお客さまは、最大20名の利用が可能です。マスターユーザまたは、管理者ユーザの方が、「管理メニュー」の「利用者管理」で「新規」ボタンをクリックし、ご登録ください。
    • 利用者ごとに、利用できるサービスを限定することはできますか?
      • マスターユーザ、管理者ユーザの方が、利用者それぞれの利用サービスをお決めいただけます。
    • 電子メールアドレスがないのですが…
      • パソコン、携帯電話、スマートフォン等の電子メールアドレスをお持ちでないお客さまはお申込みいただくことができませんので、ご了承ください。
        ※フリーメールアドレスは第三者による悪用の可能性がありますので、ご利用はお避けください。
    • 電子メールでの連絡を停止してほしいのですが…
      • 「大分銀行ビジネスダイレクト」では、お客さまが確かにご自身で行った取引であることをご確認いただくため、お取引の受付確認や処理結果をお取引の都度、電子メールでお知らせしております。このような電子メールでのご連絡は、セキュリティを高め、お客さまに安心してご利用いただくためのものですので、連絡を停止することはご容赦ください。
    • 手数料はかかりますか?
      • ご利用基本手数料は以下のとおりです。(消費税込)

        ◆サービスご利用手数料

        スタンダード
        サービス
        照会・振込振替サービス 月額 1,080円
        ライト
        サービス
        スタンダードサービス+データ受付サービス
        <総合振込・給与・賞与振込のみ※件数制限あり>
        月額 2,160円
        フル
        サービス
        スタンダードサービス+データ受付サービス
        <総合振込、給与・賞与振込、口座振替、代金回収、地方税納付>
        月額 3,240円

        * 振込をする場合には、当行所定の振込手数料が別途必要となります。

        * プロバイダ等の接続料金・通信料等はお客さまのご負担となります。

    • 基本料金はいつ引き落としされますか?
      • 1か月分を取りまとめて翌月14日(銀行休業日の場合は翌営業日)に引き落とされます。なお、一定期間以上基本料金の引き落としができない場合には、本サービスを解約させていただくことがあります。
    • 振込手数料はいくらですか?
      • 振込手数料は以下のとおりです。

        (消費税込)

        取扱区分 3万円未満 3万円以上
        当行同一支店あて 無料
        当行本支店あて 108円 324円
        他行あて 432円 648円
      先方負担手数料とは何ですか?
      • 「先方負担手数料」とは、振込・振替および総合振込で、振込手数料を先方(受取人)に負担してもらう場合に、支払金額(請求先からの請求額)から差し引く振込手数料のことです。

        大分銀行ビジネスダイレクトの所定の振込手数料ではなく、任意で振込手数料を登録することもできます。

        * 「先方負担手数料」の設定方法についてはこちらをご参照ください。
  • お申込みまで

    • 申込みからサービス開始までの具体的な流れを知りたいのですが…
      • 1.まず、当行所定の申込書にご記入のうえ、最寄りの支店にご提出ください。(申込書は当行の本支店の窓口にございますので、お気軽にお問い合わせください。)

        2.当行が申込書を受理後、約1~4週間ほどで仮確認用パスワード等を記載した「手続完了控」を「ご利用マニュアル」とともに配達記録郵便にてご送付いたします。

        3.お客さまは、お手元の「申込書(控)」および「手続完了控」をご覧いただきながら、画面にしたがって(ご利用マニュアルを参考にしてください。)ログインIDの取得及び初期設定を行っていただきます。

        以上の手続きが終了すると、いよいよ「大分銀行ビジネスダイレクト」のサービス開始となります。

    • 申込書は何を使うのですか?
      • 「大分銀行ビジネスダイレクト利用申込書」を使用します。
    • 申込書はどこでもらえますか?
      • 当行の本支店の窓口にございますので、お気軽にお問い合わせください。記入方法等ご不明な点がございましたら、最寄りの支店までお問い合わせください。
    • 申込みから利用開始まで何日かかりますか?
      • 約1~4週間です。「申込書(手続完了控)」が到着次第、ご利用いただけます。
        「申込書(手続完了控)」は、転送不要扱い簡易書留郵便でご送付いたしますので、お受取になるとき認印またはサインが必要です。
    • 代表口座とはなんですか?
      • 基本料金の引落口座となるもので、「大分銀行ビジネスダイレクト」のご利用にあたって代表となるお客さま名義の普通預金、当座預金口座です。サービス利用口座として利用することもできます。
    • 関連口座とは何ですか?
      • 「大分銀行ビジネスダイレクト」のサービスをご利用いただく口座です。ご本人名義でしたら、別支店でも関連口座としてご登録いただけます。
    • 住所変更手続をしていないときは?
      • 当行にお届けのご住所が現住所と違うと、「手続完了のお知らせ」等の大切なお知らせがお手元に届かないことになりますので、住所変更のお手続をしてからお申込みください。
    • 現在「大分銀行ビジネスダイレクトのスタンダードサービス」を利用しているのですが、「総合振込、給与・賞与振込、口座振替、代金回収、地方税納付」機能を追加することはできますか?
      • 当行所定の申込書にて追加いただくことが可能です。なお、この場合基本料金は月額1,080円(消費税込)から月額3,240円(消費税込)に変更となります。
        また、スタンダードサービスに「総合振込、給与・賞与振込のみ(件数制限あり)」を追加したライトサービスもございます。この場合は基本料金は月額2,160円(消費税込)に変更となります。
  • トランザクション認証について

    • トランザクション認証とは何ですか?
      • お客さまが適正に操作して送信した振込情報を改ざんして不正送金する事案が発生しております。
        トランザクション認証とは、お客さまが発信した取引情報に紐付されたワンタイムパスワードを利用して、取引の正当性を確認することで、インターネット上の取引を安全に行うことができる仕組みです。
    • トランザクション認証はいつ利用するのですか?
      • 以下の操作で使用します。

        ・ログイン
        ・振込・振替(都度指定方式)
        ・一部の税金、各種料金払込み
        ・利用者管理(利用者追加、変更)
        ・トークンの失効
    • トランザクション認証はどのように利用するのですか?
      • トランザクション認証番号を生成する専用端末(カメラ付トークン)をご利用いただきます。
        カメラ付トークン上に表示される 8 桁の数字がトランザクション認証番号です。

        大分銀行ビジネスダイレクトの取引画面上に表示された二次元コードをカメラ付トークンで読み取ります。
        カメラ付トークン上に数字 8 桁のトランザクション認証番号、および取引情報が表示されます。
        取引情報が正しいことを確認後、大分銀行ビジネスダイレクトの取引画面上にトランザクション認証番号を入力し、操作を行っていただきます。
    • トランザクション認証を利用することでネット犯罪に遭う可能性は防げるのですか?
      • トランザクション認証は、MITB(Man In The Browser)攻撃等のネット犯罪対策としてご利用いただくものですが、ネット犯罪を完全に防ぐものではありませんので、ご利用のパソコンの「OS」「ブラウザ」「ウイルス対策ソフト」を推奨される最新のバージョンに更新いただき、常に最新のセキュリティ環境でご利用されることをお願いいたします。
    • 誰でも利用できるのですか?
      • すべての大分銀行ビジネスダイレクトをご契約のお客さまにご利用いただきます。
        当行からお送りするカメラ付トークンを用いて利用開始登録を行っていただくことにより、トランザクション認証をご利用いただけるようになります。
    • カメラ付トークンとは何ですか?
      • トランザクション認証番号を生成する専用端末のことです。
        「カメラ付トークン」で取引情報を元に生成された二次元コードを読み取ります。
    • トランザクション認証番号とは何ですか?
      • 取引情報を元に生成された二次元コードを読み取り、カメラ付トークンで生成された 8 桁の数字のことです。
    • トランザクション認証機能は有料ですか?
      • トランザクション認証機能は必須機能となるため、無料でご利用いただけます。
        また、ご契約のお客さまにカメラ付トークンを無料で1個配布いたします。
        複数のカメラ付トークンが必要な場合は、追加発行手数料(2,160円 / 個・税込)をいただきます。

        カメラ付トークンを紛失、破損、盗難により、再発行する場合は再発行手数料(2,160円 / 個・税込)が必要です。
        ただし、初期不良や自然故障の場合には、故障したカメラ付トークンをお持ちいただければ、新しいトークンと無償交換いたします。
    • カメラ付トークンに有効期限はあるのですか?
      • 有効期限はありません。
        電池の交換により半永久的にご利用いただけます。

        (ご参考)【電池式】アルカリ電池:単四(3本)
    • カメラ付トークンは 1 ユーザ 1 個使用するのですか? 複数ユーザで共有して使用するのですか?
      • カメラ付トークンを 1 ユーザごとに 1 個ずつご利用いただくことも同一契約内の複数ユーザで共有してご利用いただくことも可能です。
    • カメラ付きトークンを共有する場合の注意点はあるのですか?
      • (カメラ付トークンを複数ユーザで共有している場合)

        トランザクション認証のエラー回数は共通して累積されます。
        トランザクション認証を規定回数間違えると同一トークンコードのユーザすべてのトランザクション認証機能が利用停止となりますのでご注意ください。

        (マスターユーザや管理者ユーザも含めてカメラ付トークンを共有している場合)

        あるユーザがトランザクション認証を間違え利用停止となると、当該ユーザのみではなくトークンを共有しているマスターユーザ、管理者ユーザ含めすべてのトランザクション認証が利用停止となります。
        利用停止解除には書面での手続きが必要となり、サービスのご利用に支障が生じる危険性がありますので、マスターユーザ、または管理者ユーザのうち、1 ユーザは単独でのトークン利用をお勧めいたします。
    • なぜ「QRコード」と言わずに「二次元コード」と呼ぶのですか?
      • 「QRコード」という名称(および単語)は商標登録されているため、「二次元コード」と呼んでおります。
    • カメラ付トークンで二次元コードを読み込んだ際には何が表示されるのですか?
      • 以下の内容が表示されます。

        【ログイン】
        ・ログインID
        ・前回ログイン日時

        【振込・振替(都度指定方式)】
        ・銀行名カナ(10文字まで)
        ・支店番号-科目番号-口座番号
        ・受取人カナ(10文字まで)
        ・支払金額

        【税金・各種料金の払込み(民間)】
        ・収納機関番号
        ・収納機関名カナ(10文字まで)
        ・お客さま番号
        ・払込み金額

        【管理業務】
        ・操作対象ログインID
        ・操作対象ユーザ区分
    • トランザクション認証を利用する際の推奨環境を教えてください。
    • 「大分銀行ビジネスダイレクト」を新規申込みする際、カメラ付トークンは何個配布されるのですか?
      • 無料で 1 個配布いたします。追加発行については手数料(2,160円 / 個・税込)をいただきます。
    • トランザクション認証機能の利用を停止(解約)することはできますか。
      • トランザクション認証機能は必須機能となるため、ご利用を停止(解約)することはできません。
  • 電子証明書について

    • 電子証明書とは何ですか?
      • 電子証明書は、お客さまのお申込みにより当行で電子証明書を発行し、お客さまの特定のパソコンにインストールしてご利用いただきます。電子証明書をインストールしたパソコン(1ユーザにつき1台)以外からは利用ができなくなり、第三者による不正使用のリスクが軽減され、セキュリティ面での強化が図れるものです。
    • これまでと同じ利用環境(パソコンOS・ブラウザ等)で利用できますか?
      • 電子証明書は従来と比べて使える環境(パソコンOS・ブラウザ等)が制限されますので、特に既存のお客さまが追加で利用を希望される場合はご注意ください。ご利用いただく環境については当行が推奨するOSとブラウザの組合せをご参照ください。
        推奨するOSとブラウザの組合せ
    • 電子証明書を申し込んだ場合、これまでと大きく変わることはありますか?
      • 1ユーザにつき1枚の電子証明書しか発行できませんので、1ユーザが使えるパソコンは1台のみとなります。
    • 電子証明書を申し込んだ場合でも、今までのようにログインIDとログインパスワードでログインできますか?
      • 電子証明書を申し込まれた場合、従来のようなログインIDとログインパスワードでのログインはできなくなります。「電子証明書ログイン」ボタンからログインしてください。
        ※電子証明書のお申込み後、初めてご利用される場合は、「電子証明書発行」ボタンより電子証明書の取得作業が必要となります。
    • 電子証明書を利用するのに手数料は必要ですか?
      • 追加の手数料は必要ありません。
    • 電子証明書はどうすれば利用できますか?
      • 大分銀行ビジネスダイレクト認証方式切替依頼書を最寄りの支店にご提出ください。
        認証方式切替依頼書(PDF)はこちらをご覧ください。
    • 電子証明書は何枚でも発行してもらえますか?
      • 電子証明書は1ユーザにつき1枚、フルサービスのお客さまは、最大100ユーザ分まで、ライトサービス、スタンダードサービスのお客さまは、最大20ユーザ分まで発行可能です。
        複数のユーザでご利用の場合は、それぞれのユーザが個別に電子証明書を取得する必要があります。
    • 電子証明書を複数のユーザで共有することはできますか?
      • 電子証明書は1ユーザにつき1枚しか発行できませんので、複数のユーザで共有することはできません。 複数のユーザでご利用の場合は、全ユーザ分の電子証明書を取得する必要があります。
    • 電子証明書の有効期限はありますか?
      • 有効期限は電子証明書を発行してから1年間です。有効期限が切れる40日前から電子証明書の更新が可能です。(ログイン後のTOP画面上に更新のご案内が表示されます。)電子証明書の有効期限が切れた状態では、ログインができなくなります。(有効期限後も電子証明書の更新は可能です。)
    • 電子証明書の有効期限の確認方法は?
      • 1.Internet Explorerのメニューバーより[ツール]→[インターネット オプション]をクリックします。

        2.[コンテンツ]タブをクリックし、[電子証明書]ボタンをクリックします。[電子証明書]の管理画面が表示されます。

        3.[個人]タブをクリックします。

        4.[個人]タブの一覧に表示される電子証明書が本人の電子証明書です。

        5.一覧から有効期限を確認したい電子証明書をクリックし、[表示]ボタンをクリックします。電子証明書の情報画面が表示されます。

        6.[全般]タブに表示されている有効期間を確認します。

    • 電子証明書の内容を確認したいのですが?
      • 1.Internet Explorerを起動し、メニューバーより[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。

        2.[コンテンツ]タブをクリックし、[電子証明書]ボタンをクリックします。[電子証明書]の管理画面が表示されます。

        3.[個人]タブをクリックします。

        4.[個人]タブの一覧に電子証明書が表示されます。複数表示された場合は、確認したい電子証明書をダブルクリックするか、確認したい電子証明書を選択後「電子証明書の目的」にある「表示」をクリックしてください。

    • 現在利用している電子証明書を他のパソコンに移す(エクスポート)ことはできますか?また、バックアップは可能ですか?
      • 他のパソコンへのエクスポートおよびバックアップは、セキュリティ上できません。パソコン変更の際は、現パソコンの電子証明書失効のうえ新パソコンで電子証明書の発行を行ってください。
    • OSの再インストール後、電子証明書がなくなりましたが?
      • 電子証明書が削除された場合、書面にて当行に電子証明書の失効をご依頼いただく必要があります。最寄りの支店へお問い合わせください。
        電子証明書 失効依頼書はこちらをご覧ください。
    • 「電子証明書方式」から「ID・パスワード方式」に変更したいのですが・・・
      • 大分銀行ビジネスダイレクト認証方式切替依頼書を最寄りの支店にご提出ください。Windows上で証明書を削除後、お客さまのログインIDとログインパスワードでログインしてください。
        認証方式 切替依頼書(PDF)はこちらをご覧ください。
  • 初期設定について

    • まずは何をしたらよいのですか?
      • 以下のような手順でお願いします。

        1.「申込書(お客さま控)」、送付いたしました「申込書(手続完了控)」、「ご利用マニュアル」をご用意ください。

        2.当行のホームページから「大分銀行ビジネスダイレクト」ログイン画面へアクセスし、その画面上の「ログインID取得」ボタンをクリックしてください。

        3.仮ログインパスワード(「申込書(お客さま控)」をご覧ください。)と「申込書(手続完了控)」に記載のある仮確認用パスワードを入力してください。

        4.ログインID、ログインパスワード、確認用パスワード等の初期設定を行ってください。

        詳しい操作方法は、ご利用マニュアルをご参照ください。

        ご利用マニュアル(初期設定)はこちらをご覧ください。

    • ログインIDとは何ですか?
      • 「ログインID」とはログイン時にお客さまがご本人であることを確認させていただくためのものであり、自由にお決めいただけます。ただし、ご入力いただける文字は、任意の6文字以上12文字以内の英数字です。
        (英字と数字を必ず混在させてください。大文字・小文字も区別します。)
    • ログインパスワードとは何ですか?
      • 「ログインパスワード」とはログイン時にお客さまが入力していただくものであり、自由にお決めいただけます。ただし、ご入力いただける文字は、任意の6文字以上12文字以内の英数字です。 (英字と数字を必ず混在させてください。大文字・小文字も区別します。)
        また、当行ではセキュリティに万全を期しておりますが、さらにセキュリティを高め、安心してお取引をしていただくためにパスワードを定期的に変更していただくようお勧めしております。
    • 確認用パスワードとは何ですか?
      • ご登録事項を変更する際や、総合振込や口座振替等のデータ伝送サービスの承認作業を行う場合に入力していただくものであり、自由にお決めいただけます。ただし、ご入力いただける文字は、任意の6文字以上12文字以内の半角英数字です。
        (英字と数字を必ず混在させてください。大文字・小文字も区別します。)
        また、当行ではセキュリティに万全を期しておりますが、さらにセキュリティを高め、安心してお取引をしていただくためにパスワードを定期的に変更していただくようお勧めしております。
    • 「ご指定のログインIDはお使いいただけません。再度ご指定ください。」と表示されるのですが・・・
      • ご入力いただいた「ログインID」を他のお客さまが既にご登録されている場合に表示されます。再度、別の英数字でのご登録をお願い致します。
    • ログインID、ログインパスワード、確認用パスワードに使用できる文字は?
      • 任意の6文字以上12文字以内の半角英数字です。
    • ログインIDを取得していないのですが、基本料金はどうなりますか?
      • お客さまがログインIDを取得していなくても、お申込みを受付けした月の翌月から基本料金がかかります。(当月分の基本料金は、翌月の所定日に手数料決済口座から引き落とされます。)
    • ログインID、ログインパスワード、確認用パスワードは、全て同じものでもいいですか?
      • 同じものをご登録いただくことはできません。それぞれ別々のものをご登録ください。
    • マスターユーザとはどのようなユーザですか?
      • 大分銀行ビジネスダイレクト新規お申込み後、初回のログインID取得を行った利用者をマスターユーザと呼びます。マスターユーザは自身も含め、すべての利用者の管理を行うことができます。
        1契約内でマスターユーザは1名のみです。
  • 登録変更手続きについて

    • ログインIDを変更したいのですが…
      • 「ID・パスワード方式」の場合、マスターユーザ、管理者ユーザの方は、変更操作が可能です。「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「変更」をクリックしてください。インターネット上で変更のお手続ができます。
        一般ユーザの方は、マスターユーザ、管理者ユーザに変更をご依頼ください。
        「電子証明書方式」の場合は、変更操作はできません。
    • パスワード(ログインパスワード、確認用パスワード)を変更したいのですが…
      • 自分自身のログインパスワード、確認用パスワードは、「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「パスワード変更」をクリックしてください。インターネット上で変更のお手続ができます。
        また、マスターユーザ、管理者ユーザの方は、「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「変更」で他のユーザのログインパスワードと確認用パスワードの変更も可能です。
    • 電子メールアドレスを変更したいのですが…
      • マスターユーザ、管理者ユーザの方は、ご自身の操作により変更が可能です。「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「変更」をクリックしてください。インターネット上で変更のお手続ができます。
        一般ユーザの方は、マスターユーザ、管理者ユーザに変更をご依頼ください。
    • 振込振替限度額を変えたいのですが…
      • 当行所定の申込書にて振込振替限度額の変更手続をお願いいたします。
        なお、マスターユーザ、管理者ユーザの方は、お申込みいただいた限度額内で1日の限度額および、ユーザごとの1回当たりの限度額の設定が可能です。
    • 住所を変更したいのですが…
      • 当行所定の申込書にて住所変更手続をお願いいたします。
        (申込書は当行の各営業店の窓口にございますので、お気軽にお問い合わせください。)
    • 利用者を追加したいのですが…
      • マスターユーザ、管理者ユーザの方のみ、追加が可能です。「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「新規登録」をクリックしてください。インターネット上で追加のお手続きができます。
  • ID・パスワード 等について

    • ログインIDとは何ですか?
      • お客さまのお名前に変わるものであり、初期設定の際にお客さまにご登録いただいたものです。
        「ID・パスワード方式」の場合は、サービス利用時にログイン画面にてご入力いただきます。
        「電子証明書方式」の場合は、ログイン画面でのご入力はございません。ただし、パソコンの買い替えなどによる電子証明書再取得の際には必要となりますので、お忘れにならないようご注意ください。
    • ログインパスワードとは何ですか?
      • サービスご利用時に、ログイン画面でご入力いただくパスワードです。ただし、ご入力いただける文字は、任意の6文字以上12文字以内の半角英数字です。
        (英字と数字を必ず混在させてください。大文字・小文字を区別します。)
    • 確認用パスワードとは何ですか?
      • ご登録事項を変更する際や、総合振込や口座振替等のデータ伝送サービスの承認作業を行う場合に入力していただくものであり、自由にお決めいただけます。ただし、ご入力いただける文字は、任意の6文字以上12文字以内の半角英数字です。
        (英字と数字を必ず混在させてください。大文字・小文字を区別します。)
    • 「トランザクション認証用カメラ付トークン」ワンタイムパスワードとは何ですか?
      • トランザクション認証とは、お客さまが発信した取引情報に紐付されたワンタイムパスワードを利用して、取引の正当性を確認することで、インターネット上の取引を安全に行うことができる仕組みです。
        大分銀行ビジネスダイレクトでは、「二次元コード」と「カメラ付トークン」を使用して、「トランザクション認証付ワンタイムパスワード」の生成を行います。
    • 振込振替暗証番号とは何ですか?
      • お申込みの際に、お客さまにご指定いただいた番号です。ご本人さまが行った振込振替であることを確認するためのものですので、他人に盗用等されないよう大切に管理してください。
    • 承認暗証番号とは何ですか?
      • お申込みの際にお客さまにご指定いただいた番号です。承認者が行ったお取引であることを確認するためのものですので、他人に盗用等されないよう大切に管理してください。
    • パスワード(ログインパスワード、確認用パスワード・ワンタイムパスワード)を間違えたらどうなるのですか?
      • セキュリティを高め、お客さまに安心してお取引をしていただくために、連続して一定回数パスワードを間違えると一定時間サービスをご利用いただけなくなります。(この状態を「ロックアウト」といいます。)ロックアウトが一定回数発生するとサービスを停止させていただきます。
        サービスの再開にあたっては、お取引店までお問い合わせください。
    • 振込振替暗証番号や承認暗証番号を間違えたらどうなるのですか?
      • セキュリティを高め、お客さまに安心してお取引をしていただくために、連続して一定回数暗証番号を間違えるとサービスのご利用を停止させていただきます。サービスの再開にあたっては、お取引店までお問い合わせください。
    • 利用者用のログインIDを忘れてしまったのですが…
      • マスターユーザ、管理者ユーザの方であれば、「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「照会」ボタンをクリックしてください。インターネット上で、登録された全ユーザの情報がご確認いただけます。
        一般ユーザの方は、マスターユーザ、管理者ユーザの方にご確認ください。
    • 利用者用のログインパスワードを忘れてしまったのですが…
      • マスターユーザ、管理者ユーザの方は、「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「変更」をクリックしてください、インターネット上で、ログインパスワード再登録のお手続きができます。
    • パスワードの変更が180日間ありませんと表示されるのですが、パスワードは180日ごとに変更をしなければならないのですか?
      • セキュリティを確保するため、定期的なパスワードの変更をお勧めしています。変更を希望されない場合は「変更しない」をクリックしてください。(変更しない場合は、他の欄への入力は必要ありません。)
  • 振込振替

    • 当日扱いの振込振替ができますか?
      • 事前登録方式、都度指定方式ともお取扱いできます。なお、当日でのお取扱いは、当行あては15:50まで、他行あては15:00までです。
    • 事前登録方式とは何ですか?
      • 事前に所定の申込書にて入金先を登録いただき、その入金先に対して振込振替を行う場合をいいます。入金先ごとに「登録番号3桁」をご記入の上、その番号にて入金先を指定していただきます。
    • 都度指定方式とは何ですか?
      • 入金先をインターネット上でその都度指定いただき、その入金先に対して振込振替を行う場合をいいます。都度指定方式には、

        1. 利用者登録口座一覧から入金先を選択のうえ振込振替を行う場合

        2. 最新10回の取引から入金先を選択のうえ振込振替を行う場合

        3. 個別に入金先を指定して振込振替を行う場合

        4. 他業務(総合振込等)の登録先口座から入金先を選択のうえ振込振替を行う場合の4種類があります。

    • 振込振替の予約は何日前からできますか?
      • 10営業日先までを指定日としたお振込振替の予約ができます。資金は振込指定日の午前0時に引落させていただきます。
    • 海外の銀行にも振込できますか?
      • お振込先は、全国銀行データ通信システムに加盟している金融機関のみです。ゆうちょ銀行・農協・信用組合等にはお振込ができますが、海外の銀行等にはお振込できません。
    • 振込振替サービスの利用時間は?
      • 利用時間は以下のとおりです。

        当日扱 平日 当行あて 8:45 ~ 15:50
               他行あて 8:45 ~ 15:00

        予約扱 平日 当行あて 8:45 ~ 21:00
               他行あて 8:45 ~ 21:00

        ※但し、1月1日 ~ 1月3日、5月3日 ~ 5月5日、祝日及び振替休日を除きます。
        ※また、メンテナンス等により一時的にサービスを停止する場合、事前にご案内いたします。
    • 振込振替の取引限度額は?
      • 1日あたりの振込振替限度額は1,000万円以内、またはお客さまが指定された金額です。
    • 振込振替の資金は、いつ引き落としされるのですか?
      • 当日扱いの場合、振込振替の取引操作完了時点(リアルタイム)で、ご利用口座からお引き落としいたします。
        予約扱いの場合、振込指定日の午前0時に、ご利用口座からお引き落としいたします。
    • 「入金先名が誤っています。再度入力してください。」と表示されるのですが…
      • 入金先名(受取人名)にご入力いただける文字は以下のとおりです。
        ・半角カナおよび濁点「゙」半濁点「゚」
        ・半角英字(大文字・小文字)
        ・半角記号
        ・半角スペース (全角スペースはご利用になれませんので、ご注意ください。)
    • 振込の際に「株式会社」「有限会社」などはどのように入力すればいいですか?
      • 「株式会社」は「カ.」または「カ)」(半角カナ)、「有限会社」は「ユ.」または「ユ)」(半角カナ)と略すことができます。
        その他の略語はこちらをご確認ください。
    • 同一支店の口座間の振込に振込手数料はかかりますか?
      • 「大分銀行ビジネスダイレクト」でお振込いただければ振込手数料はかかりません。
    • 振込先口座番号等の入力内容はチェックしているのですか?
      • 振込先金融機関や時間帯によっては、振込先名義、振込先銀行・支店名、口座番号の確認が行われない場合があります。ご入力いただいた内容に誤りがありますと、振込ができない、または誤った相手に振り込まれる可能性があります。その場合、お引き落とし口座の取扱店窓口にご来店いただき、訂正・組戻し等のお手続が必要になります。
    • 取引の途中に通信が切れてしまったらどうなるのですか?
      • 入力および処理中に回線が切断されたデータは無効となります。
        正常に受付データが処理されているかは、「振込データの状況照会・取消」で確認することができます。
    • 振込先名義、振込先銀行、口座番号、金額等振込内容を間違えてしまったのですが、どうしたらよいですか?
      • 予約扱いの場合、「資金移動」→「振込振替」→「振込データの状況照会・取消」で取り消し業務を選択し、間違えた取引を振込指定日の前営業日の21:00までに取り消しのうえ、再度振込の手続をお願いいたします。
    • 振込振替を取り消したいのですが…
      • 予約扱いの場合、「資金移動」→「振込振替」→「振込データの状況照会・取消」で取り消し業務を選択し、間違えた取引を振込指定日の前営業日の21:00までに取り消してください。
        当日扱いの場合、お引き落とし口座の取扱店窓口にて訂正・組戻し等のお手続をお願いいたします。内容によって別途手数料をいただくことがあります。また、お手続が遅れて既にお振込先口座に入金済みの場合は、お手続ができないこともあります。
    • 1度に複数の入金先を選択することはできますか?
      • 「受取人番号を指定」(事前登録方式)以外は、複数の選択が可能です。
    • 利用者に応じて、振込振替の取扱い限度額を変えることはできますか?
      • マスターユーザ、管理者ユーザの方が、「管理」メニューの「利用者管理」→「利用者情報の管理」→「変更」をクリックし、利用者の1回あたりの取扱限度額を業務ごとに設定いただけます。
    • 予約扱いの振込をする場合、残高の確保はいつまでにすればいいですか?
      • 予約扱いの場合、振込指定日の午前0時に、ご利用口座からお引き落しいたしますので、振込指定日の前日までにご入金ください。
    • 振込先からまだ入金されていないと連絡があったのですが…
      • 操作画面の「振込データの状況照会・取消」→「承認済みの取引の状況照会」ボタンから振込内容を確認し、振込手続が完了していることを確認してください。
        完了しているにもかかわらず入金されていない場合は、以下の可能性が考えられます。
        ・ 為替集中日(10日、20日、25日、月末営業日)で、全銀センターの処理や先方金融機関の処理が遅れている。
        ・ 口座番号、受取人名に不備があるため、振込先金融機関で入金が遅れている。
        ※内容につきましては、振込先金融機関へお問合せください。
  • 残高照会・入出金明細照会・振込入金明細照会

    • リアルタイムの残高、入出金明細、振込入金明細を照会できますか?
      • サービス利用口座としてご登録いただいている普通預金、当座預金は、リアルタイムの残高照会、入出金明細照会、振込入金明細照会ができます。
    • 残高照会、入出金明細照会、振込入金明細照会ができる口座は?
      • 事前にご利用口座としてご登録いただいている普通預金、当座預金です。
    • 照会(残高照会、入出金明細照会、振込入金明細照会)サービスの利用時間は?
      • 24時間ご利用できます。
        ※但し、1月1日 ~ 1月3日、5月3日 ~ 5月5日を除きます。
         また、メンテナンス等により一時的にサービスを停止する場合もございます。
    • 残高照会で表示されるものは?
      • 以下の内容が表示されます。
        1. 現在の預金残高:照会現在の預金残高を示しています。
        2. お引き出し可能残高:照会現在の実際にお引き出し可能な残高を示しています。
        3. 前営業日預金残高:照会現在の前営業日に預金されていた残高を示しています。
        4. 前月末日預金残高:照会現在の前月末日に預金されていた残高を示しています。
    • 入出金明細照会、振込入金明細照会ができる期間は?
      • 照会ができる期間はそれぞれ以下のとおりです。

        (1)入出金明細照会(ANSER)

        照会対象 照会期間 照会内容
        すべての明細
        (未照会および
         照会済の明細)
        すべて 照会可能期間内の全明細(前々月1日より当日まで可能)
        当月 当月分の全明細(当月1日より当日まで可能)
        前月 前月分の全明細(前月1日より前月末日まで可能)
        最近1週間 最近1週間分の全明細
        日付範囲で指定 選択した日付指定内の全明細(前々月1日より可能)
        未照会の明細 すべて 照会可能期間内の未照会明細すべて
        日付で指定 選択した日付指定の未照会明細(最長31日前より可能)

        (2)振込入金明細照会(ANSER)

        照会対象 照会内容
        未照会の明細 照会可能期間内(31日間)の未照会明細すべて
        当日照会済の明細 当日照会済の明細すべて

        (3)入出金明細照会(全銀)、振込入金明細照会(全銀)

        照会対象 照会内容
        すべての明細 指定した期間内の全明細
        未照会の明細 指定した期間内のうち、未照会の明細
        照会済の明細 指定した期間内のうち、照会済の明細
        ※「全銀フォーマットの入出金・振込入金明細」の申込手続きが完了した日以降の明細のみ照会可能。
        ※照会期間は最長100日前まで指定可能。
    • 照会結果を印刷することはできますか?
      • 照会結果画面の「印刷」ボタンをクリックすると、PDFファイルが表示され印刷をすることができます。
    • 入出金明細・振込入金明細を保存・保管したいのですが…
      • テキスト形式(タブ区切り)、CSV形式(カンマ区切り)または全銀フォーマット(全国銀行協会連合会が定めたファイルフォーマット)で保存できます。 ただし、全銀フォーマットでの保存をご利用の場合は、別途お申込みが必要となります。
        ●入出金明細の全銀フォーマットのレイアウトはこちら
        ●振込入金明細の全銀フォーマットのレイアウトはこちら
    • 「現在の預金残高」と「お引き出し可能残高」の金額が違うのですが…
      • 小切手は、資金化されるまでは「お引き出し可能残高」には反映されません。
  • データ伝送サービス:振込データの作成

    • 取引名入力欄に入力文字数の制限はありますか?また、禁則文字はありますか?
      • 「取引名」とは、お客さまが各々振込データを認識できるよう全角文字で入力が可能です。
        (例)8月分給与など
    • コメント欄には誰に対するコメントを入力するのですか?
      • 振込データ作成者が、承認権限者に申し送りを入れる場合に全角文字で入力が可能です。
        (例)「明日の11時までに承認してください」など
    • 受取人名が長いのですが・・・
      • 受取人名欄への入力は30字までとなりますので、30字以上ある場合は、30字まで入力してください。なお、銀行振込に利用できる「略称」を使用することにより、30字以内にすることができる場合があります。
        振込先の名義が会社名と代表者名になっている場合、会社名のみでの振込可否については、金融機関によって異なりますので、お振込先金融機関にご確認ください。
    • 顧客コードとは何ですか?また、桁数には制限がありますか?
      • 以下の内容が表示されます。
        お客さまが、お取引先に対して独自に採番されているコードを指します。
        顧客コード1が10桁、顧客コード2が10桁合わせて20桁となります。
    • 1件ごとの振込金額に限度額はありますか?
      • 1日あたりの限度額と1取引あたりの限度額は、お客さまのご指定になられた限度額の範囲内で可能です。
    • 振込ファイルとして使用出来るファイルはどういうものですか?
      • 全銀フォーマットに準じていれば基本的に可能です。
    • 「振込振替サービス」で、事前に登録してある振込先に対しても、データの作成をしなくてはならないのでしょうか?
      • 総合振込データ作成時は、振込振替サービスの登録先を選択可能です。
    • 新規振込先追加から作成した振込データは振込先一覧に登録されるのでしょうか?
      • 新規振込先指定時、「振込先登録に登録する」を指定いただければ振込先としてご登録いただけます。
    • 新規振込先追加および振込先一覧各々から振込データを作成することは可能でしょうか?
      • 可能です。なお、新規振込先設定時に、「振込先に登録」を指定しなければ、振込先一覧に保存されませんので、ご注意ください。
  • データ伝送サービス:取引状況照会

    • 取引受付状況照会とは?
      • 振込データの確定依頼をしたもののうち、「引戻し」「差戻し」「削除」「有効期限切れ」「切替済」「承認済取引」「承認済明細」「承認取消取引」「承認取消明細」のそれぞれの件数と、「承認済」「承認取消」の金額を確認いただく機能です。照会は「日別」「月別」のどちらかを選択していただきます。
    • 「委託者コード」とは何ですか?
      • 伝送データを受け付ける際にお客さまおよび、サービスを特定する際に用いる番号です。
  • データ伝送サービス:登録追加・変更

    • 振込先を事前に登録することはできますか?
      • 総合振込、口座振替等それぞれの振込先の管理や請求先の管理メニューから事前に振込先や請求先の登録が可能です。また、登録内容の変更も行えます。
    • 振込先は何件登録できますか?
      • フルサービス ライトサービス スタンダードサービス
        振込振替 事前 999件 事前 999件 事前 999件
        都度 15,000件 都度 500件 都度 500件
        総合振込 50,000件 50件 -
        給与・賞与振込 50,000件 50件 -
        口座振替 50,000件 - -
        代金回収 50,000件 - -
        地方税納付 2,000件 - -
    • 振込先をまとまった単位で登録できますか?
      • ご登録いただいた振込先を、支払日や振込目的ごとにグループとしてご登録いただくことが可能です。
    • グループは何件登録できますか?
      • 総合振込、給与賞与振込、地方税納付、口座振替、代金回収で各々最大20件まで登録が可能です。
    • 振込先はグループとして登録しておかなければいけないのですか?
      • まとめて登録しておくと、入力時に便利ですが、必須ではございません。
    • 「登録データファイルの取得」とはどういう機能ですか?
      • 登録されている振込先の情報を、CSV形式のファイルで一括取得(ファイル取得)することができます。
  • データ伝送サービス:承認

    • 承認とは?
      • ユーザが作成した振込データの内容を確認し、そのデータ所定の日付までに送信していただくことです。
    • 「承認」は誰でもできますか?
      • 承認ができるのは、マスターユーザ、管理者ユーザの方が認めたユーザの方に限られています。
    • 「差し戻し」とはどういうときに使う機能ですか?
      • 確定済のお取引データに修正事項があった場合に、取引データを確定前の状態に戻す機能です。
    • 「承認」の操作は、振込指定日の何日前に完了していれば良いのですか?
      • 1. 総合振込の場合、1営業日前の11:30までです。
        2. 給与賞与振込の場合、当行あては1営業日前の12:00、他行あては3営業日前の12:00までです。
        3. 口座振替の場合、4営業日前の17:00までとなっております
        4. 地方税納付の場合、5営業日前の17:00までとなっております。
  • データ伝送サービス:外部データ取込み(フルサービスのお客さまのみ)

    • 会計システム等で作成した総合振込等のデータをビジネスダイレクトで利用できますか?
      • 会計システム等で作成した全銀フォーマット*1の総合振込振込データ、給与・賞与振込データ、地方税納付データを使い、依頼データの作成が行えます。

        *1.全銀フォーマットとは、全銀協標準通信プロトコル(ベーシック手順、TCP/IP手順)によりデータ伝送を行うために全国銀行協会連合会が定めたファイルフォーマットです。

        全銀フォーマット

詳細は窓口、または下記へおたずねください。

大分銀行 EBサポートデスク

0120-849-020

平日9:00~17:00(※祝日は除く)