HOME > 会社情報 > 採用情報 > 新卒採用 > 働きやすい職場づくり

働きやすい職場づくり 

ワークライフバランスの推進

ワーク(仕事)とライフ(生活)のバランスをとることによって、個人の生活を充実させ、その充実感が仕事においても活力を生み出し、生産性を高めていくと考えています。従業員が心身ともに健康で、メリハリのある働き方が可能となるようワークライフバランスに関する取り組みを推進しています。

両立支援

大分銀行では、従業員がその能力を十分に発揮できるよう、職場環境の整備に努めています。
特に、女性が結婚、出産しても、仕事と子育てを両立することができるように、両立支援の制度を充実させています。
人生も仕事も充実させていきたい、そんな女性たちのキャリアップを応援しています。

育児休業制度 最長、子が満2歳に達するまで取得可能です。子の看護休暇制度の拡充や男性の育児休業取得促進策等の導入にも取り組んでいます。
育児休業復職前面談 育児休業者、職場の上司、人事担当者の三者で、復職後について話し合うことで、育児休業者の不安を取り除きスムーズな復職をサポートしています。
育児短時間勤務 子が小学校就学の始期に達するまでの間、所定労働時間のうち、2時間を限度として短縮する育児短時間勤務制度を設けています。
半日休暇 学校行事などへの参加が可能となるよう、年次有給休暇について、半日単位で休暇を取得する制度です。

次世代認定マーク(愛称「くるみん」)を取得!!

くるみん

平成22年7月、大分労働局長より、従業員が仕事と家庭生活を両立できるよう環境整備のための行動計画への取り組みと実績が評価され、次世代育成支援対策推進法(※)に基づく基準適合一般事業主として認定を受け、次世代認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました。今後も引続き、「ワークライフバランス」の実現に向けて、両立支援制度の充実に取り組んでいきます。

(※)次世代育成支援対策推進法とは、次世代を担う子供が健やかに生まれ育成される環境整備のために、企業等による仕事と子育ての両立支援の取り組みを促進することを目的として、平成17年に施行された法律です。

男性行員の育児参加促進事業への取組みについて(PDF:174KB)

女性行員紹介

近藤智美

生活文化科卒。1996年入行。別府北浜支店を皮切りに6店舗を異動配属。現在は日出支店で係長として内部検印を担当。代理の助務や営業推進での若手行員の帯同を行い、行員の指導・育成を行っている。また、CSのリーダーとして支店の問題点や改善点について話し合い、よりよい支店作りを実践している。